Mother's Life

30代半ば、ごく普通の主婦の妊娠&出産&育児日記です。

サイトのSSL化。広告が非表示になる場合の対策

      2018/09/21

さて、ブログのSSL化の話題も佳境に入ってきました。

今回はサイトに掲載している広告に関する作業をご説明します。ASP(注:アフィリエイトサービスプロバイダの略。広告バナーを提供してくれるサービス)に登録していて、収益が得られる広告の掲載を許可された人だけに必要な過程なので、サイトに広告を載せていない人、広告が勝手に掲載される無料サービスを使っている人は読まなくても大丈夫です。

自サイトに広告を載せるには、各ASPによるサイトの審査を通過しなければならないのですが、今回URLが変わることで再度審査が必要か、他に必要な作業はあるのかという点を解説しています。

私が使っているASPはグーグルアドセンスと、忍者AdMaxの二つだけなので具体例が少ないですが、実際に行った作業をメモしておきます。

グーグルアドセンスの場合

グーグルアドセンスの場合、一度審査に合格してしまえば、グーグルの規約に違反しない限りサイトを自由に変更・追加可能です。再審査は不要です。

細かく言うと、独自ドメインのサイトがSSL化した場合は変更の手続きすら不要で、そのままバナーを使うことが可能です。
ですが、今回このブログは共有SSLだったので、ASP側で少しだけ作業が発生しました。

グーグルアドセンスのメニュー一覧から設定自分のサイトを選択します。

私が所有権を持っているとグーグル側で確認されているサイト一覧が出てきます。ブログSSL化後のドメイン「ssl-lolipop.jp」も表示されていますが、ご覧のとおりチェックがグレーになっています。広告を有効にするにはここを緑色のチェックにしなければいけないので、右端の三角矢印のところをクリックします。

チェックボタンが出てきますので、右にスライドさせてONにすれば完了。少し時間を置いてからブログを見て、広告が表示されていることを確認しました。

忍者AdMaxの場合

公式ページに登録URLは変更可能と書いてありますが、その後の作業については特に書かれておらずよくわからなかったので、とりあえずサイト情報のURLを変更して上書きしました。

すると、”審査”のボタンが現れたので、どうやら再審査が必要なようです。

グーグルアドセンスのように、独自ドメインのサイトとそうでないサイトで扱いが異なる可能性がありますが、こちらのASPは独自ドメインで利用していないため確認できませんでした。

手続き自体はAdMaxのサイト上で簡単にできるのですが、(画面のスクショを取れなかったので説明を省略してしまってすみませんm(__)m)今回の問題はそのあとでした。

サイトの審査に引っかかり、広告が非表示に…

審査が終わったころを見計らい再度サイトを見ても広告が非表示のままだったので、AdMaxのマイページを見たところ、「配信不可」の文字。さらに理由の欄には目を疑うような文言が…

”登録されたURLが、弊社によるコンテンツチェックにより「アダルト」に分類されています”

(゚Д゚≡゚Д゚)エッナニナニ?

…気を取り直して、”審査に誤りがある場合は問い合わせフォームからご連絡ください”的な文言とともに、問い合わせのひな型が用意されていたので早速再審査をお願いすることに。

このブログは100%健全な内容ですが、一部妊活関係や婦人科系の話題に疑わしい単語があったかも…と思い、念のためそのことを備考欄に書き加え送信しました。すると数時間後には無事に一般コンテンツとして承認されたとメールが届き、まもなく広告が配信されるようになりましたε-(´∀`*)ホッ

ちなみに、同様の事例は忍者AdMaxに限らずほかのASPでもよくあるようです。ロボットがチェックしているため、ちょっとでもあやしい単語があればすぐアダルト判定になっちゃうんでしょうね(;^ω^)

 - その他いろいろ, サイト作成