Mother's Life

30代半ば、ごく普通の主婦の妊娠&出産&育児日記です。

ブログのSSL化。混在コンテンツ状態の解消法その2

      2018/11/03

引き続き混在コンテンツの解消法です。(第1弾はこちら

第1弾で試した方法だけで緑のカギマークになったという人も多いのですが、私はまだだめでした(;^ω^)次に試したことをこれから書いていきます。

タイトルロゴ画像のURL変更

サイトのトップにあるMother’s Lifeというタイトル文字は画像ロゴを使っているのですが、この内部リンクがまだ旧URLになっていたようなので変更します。

サイト作成時、ロゴ画像は使用テーマStinger5に搭載されたデータカスタマイザー機能を使って簡単に挿入することができたのですが、この機能は便利な反面、ファイルを直接編集してカスタマイズするのに邪魔になる(※ファイルをカスタマイズしても一部の変更が効かなくなるため)、ロゴ挿入後はOFFにしていました。

Stinger5の仕様で、カスタマイザーで編集したデータは同様にカスタマイザーを使って変更しないといけないようなので、一度OFFにした機能を一旦元に戻してから変更を行います。機能のON・OFFの仕方は最後に掲載していますので、とりあえずはロゴの変更方法を先に説明します。

データカスタマイザーを使ったロゴの変更方法

編集画面から外観カスタマイズと進みます。

ロゴ画像をクリックして先に進みます。

削除をクリックし一旦旧ロゴを削除します。(※私は一回削除する手法を取りましたが、多分「画像の変更」機能を使っても同様にできると思います。)

この通りロゴ画像がいったん消えましたので、改めて画像を選択をクリックします。

画像選択画面が右側の方に表示され、左側は既存の画像が一覧表示されます。表示されないときはタブを「メディアライブラリ」に切り替えてください。

ロゴ画像を選択したら右側画面にあるURLを確認しましょう。サイトのSSL化が終わっていれば、ロゴのアドレスも新URLになっているはずなので、問題なければ画像を選択ボタンで先に進みます。

希望の画像が表示されたのを確認したら、公開をクリックすれば完了です。

カスタマイザー機能のON・OFFの仕方

データカスタマイザー機能を動かすプログラムは、stinger5を構成するファイル中の、functions.phpというファイルの中にあります。

ファイルを開くとたくさんの英数字が羅列されていますが、どこにどういうプログラムがあるか記載があるのでわかりやすいと思います。こういう時、国産のテンプレートは便利なんですよねぇ(*^_^*)

データカスタマイザー機能はファイル内の一番最後の部分になっていて、上記の画像のように「ここから」という文言と、最後にも「ここまで」という記載がありますので、OFFにする際はここをまるっと削除すればOKです。

逆にONにしたいときはプログラムを付け足さなければいけないので、ただ削除するだけではなく、該当部分を切り取って、自分のパソコンのメモ帳などに貼りつけて保存しておき、いつでも元に戻せるようにしておくといいですね。

もし普通に削除してしまって元に戻せない時は、stingerを再度パソコンにインストールしてファイルを取得して対応します。stingerはバージョンがいくつもありますので、自分の使っているものと同じものをインストールしましょう。

メニューのリンクURLを変更

サイトのヘッダー部分に掲載しているメニューのリンク内の、HOMEボタンのアドレスが旧URLのままになっていますので修正します。

編集メニューの外観から、メニューを選択します。

本題に関係ないので説明は端折りますが、メニューの各項目中、修正が必要になる可能性があるのはカスタムリンクという属性のリンクだけです。

HOMEメニューリンクの詳細を開くと、URLの欄に旧URLが表示されていますので、ここを新URLに書き換えて保存すれば完了です。

 - その他いろいろ, サイト作成